JOOMO(ジョーモ) 副作用

JOOMO(ジョーモ) には副作用が起こる可能性は?

JOOMO(ジョーモ)の副作用って?

除毛効果が高く煩わしいムダ毛処理が簡単にできるという除毛スプレー、JOOMO(ジョーモ)。口コミやSNSでも評判がよく人気急上昇中です!

 

でも、除毛効果が高いと心配なのが副作用などの安全性ですね。

 

しっかり除毛ができても肌が荒れたり湿疹や色素沈着、アレルギーなど副作用が起きるようなことがあったら困ります。

 

直接肌に塗るものですし、ムダ毛の処理はこまめにしたいので安全性は特に気になりますね。

 

JOOMO(ジョーモ) に副作用の心配のある成分が含まれていないか、JOOMO(ジョーモ)の安全性について調べました。

 

 

JOOMO(ジョーモ) の副作用・安全性は?

JOOMO(ジョーモ) の除毛力は有効成分のチオグリコール酸によるものです。

 

チオグリコール酸の毛のタンパク質を溶かす働きによって除毛ができ、JOOMO(ジョーモ) だけでなく他の除毛剤でも使用されているポピュラーな成分です。

 

ただ、このチオグリコール酸は毛のタンパク質だけでなく肌のタンパク質も溶かしてしまうと言われています。

 

なので、できるだけ短時間で除毛のできる除毛剤の方が肌に負担がかからずに済み、JOOMO(ジョーモ) は5分程度と肌に塗っておく時間が比較的短いので肌への負担も少なくすみそうですね。

 

肌が敏感な人は少しヒリヒリと感じたり肌が赤くなってしまったりする可能性もあるので、心配な方は腕の内側などに少しスプレーしてパッチテストをしてから使用することをオススメします。

 

また、生理前や妊娠中、出産後、季節の変わり目などはホルモンのバランスが崩れやすく肌も敏感になりやすい時期です。

 

JOOMO(ジョーモ) を使用して何か異常が現れたら一旦使用を中止して下さいね。

 

肌のタンパク質も溶かしてしまうと聞くとなんだか怖く感じるかもしれませんが、特に危険な成分ではありませんし、使用上の注意を守れば問題はありません。

 

JOOMO(ジョーモ) には肌を守る成分もたっぷりと配合されているので副作用などの安全性については問題ないと言えます。

JOOMO(ジョーモ) の肌を守る美肌成分は?

除毛で肌に負担をかけっぱなしにならないように、JOOMO(ジョーモ) には美肌成分もたっぷりと配合されています。

 

保湿成分のヒアルロン酸、肌を守るアロエエキス、整肌成分のシャクヤクエキス、フラボノイドが豊富なオウゴンエキスなど肌に優しい成分がふんだんに配合されているので、しっかり除毛しながらも低刺激、除毛効果だけでなく美肌効果も期待できると言われています。

 

しっかり肌の潤いをキープ、肌がつっぱることもなく除毛をしながらスベスベの肌へと導いてくれます。

まとめ

JOOMO(ジョーモ)はしっかりと除毛できるのに肌に優しい除毛スプレーです。

 

でも、使用方法を守らなければ肌が赤くなったり荒れたりする可能性もあるので使用方法はきちんと守って下さいね。

 

また、アレルギー体質の方は全成分を確かめてから使用して下さい。

 

JOOMO(ジョーモ)の全成分は公式サイトに記載されているのでそちらでチェックして下さいね!

 

>>JOOMO(ジョーモ)の最安値はこちら